姉 同居中(19w5d)

あけましておめでとうございます!

皆様、良いお正月を過ごせましたでしょうか?

あたしは・・・結果的には、良いお正月ができたのかなぁと。。。

というのも、暮れから、姉が我が家に同居しています。
ちなみに姉は、14歳年上の54歳。30歳の双子の息子がいます。

なぜ、うちに来ることになったのかというと・・・・


嫁と姑問題。

長男が11月に入籍して同居を始めました。
諸事情があって、1年間の限定の同居なのですが・・・

その間、姉は、嫁VS姑のバトルは絶対に避けたいし、自分も嫁を長年やってきたワケで、姑から言われた些細なことで傷ついたりした経験もあるので、気をつけてうまくやっていこうと心に決めて始まった同居。

気を遣っていたのは姉だけ。

嫁は・・・可愛らしいところもある子なのですが、「嫁」という立場が全くわかっておらず。。。

嫁 「今まで、ずっと、おばちゃん!て呼んできて、今更、おかあさん!て呼ぶのって、なんかテレます。おばちゃんのままでイイですか?」と。
姉 「呼び方なんて、なんでもイイよ。好きに呼んで!」と言ったら、ほんとに、ずっと「おばちゃん!」と呼ばれ続けてます。


結婚式をまだ挙げていなくて、夫婦二人だけで沖縄で式だけ挙げたいという話になり、その話も進みつつあったのですが・・・
嫁 「私、めんどくさがり屋なので、もうこのプランでイイです!」
とパンフレットを見て、他のプランとの比較もしないまま言うらしく。。。
姉 「わかった!じゃあ、私が、ネットで少し探してみるよ!」
と、何時間もPCに向かって検索し続けたところ、なかなかイイのが見つかって、嫁も気に入ったらしく
嫁 「ありがとうございます。お陰で、イイのが見つかりました!」
とここまでは良かった・・・
姉 「気に入ったのが見つかってよかった!でも、さすがに、ずっと画面見続けたら肩こった~疲れたわ!」
と何気なく言ったら・・・
嫁 「私、頼んでませんよね・・・おばちゃんが自発的にしたことで、疲れたと言われても、私、どうもできませんよ!」と。
それでも、姉は・・・「そうね。ごめんごめん。私が勝手にして疲れたわけだから、疲れたなんて言ったらダメだったね」と、その場をやり過ごした。


別の日には・・・
嫁 「おばちゃんは、口が立ちますよね!しかも正論で攻めてくるから、何も言えなくなるんですよ。」とか
嫁 「私、おばちゃんの、こ~ゆ~とこが嫌いなんです!」とか・・・

様々な失礼三昧なことを言われ・・・。


結婚式は、二人で!という希望だったから、姉は、じゃあ、ホントに二人で行っておいで!と、結婚式には行きません!という結論を出したのに・・・
姉の知らないところで、嫁の両親、祖父母、従兄弟まで一緒に行くことになっていて、それについては、何のお伺いも姉にはなかったそうで。。。
(ま、あたし的には、嫁のご両親も、新郎側が行かないと言っているのに行くことにしたこと自体が、どうかしてると思うのですが・・・)

そして、費用のこととかも、実家のご両親から預かってきてるお金については、何に使ったかを、きちんと、実家に報告するように!と姉が言ったことに対しても
嫁 「なんで、私のお金について、とやかく言われなくっちゃならないんですか?おばちゃんに関係ありますか?」だそうで。。。
姉 「ご両親は、心配しているだろうし、○○ちゃんのお金じゃないよね?ご両親が、結婚の費用として、○○ちゃんに預けたお金だから、それについては、きちんと説明してあげないと。私は、そのお金については言うけど、○○ちゃんが稼いだお金に関して口出ししているワケではないよ」
と言ってみたけど、意味がわかっていない様子だそうで。。。

こんな話が、数々浮上する中、姉は、自分と嫁がバトルをやってしまったら、一番困るのは息子。
やっぱり息子は可愛いから、困らせたくないし、だから、何を言われても、自分の方が大人なのだから、言い返したりするのではなく、穏便に済ませられる方法を選んだ・・・と。
それで、同居がうまくいくのであれば、それでイイ!と思っていたし、実際、それでうまくいってたと感じていたらしいのです。


でも・・・12月の後半に入って、姉の体調に異変が。。。。
そして、ついに、仕事が終わって帰る時間が近づくにつれ・・・
吐き気
頭痛
めまい
動悸
腹痛
憂鬱感
そんなものに襲われるようになったようで・・・いわゆる帰宅拒否症ですかねぇ。。。


それで、ある日、あたしに相談に来たのですが・・・
あたしは、とにかく息子に話をしなきゃダメだ!と言ったのですが、やっぱり、息子を悩ませることになるとかで、なかなか首を縦に振りませんでした。
でも、息子も、まだまだこれから成長していかなければならない年齢だし、悩んで考えて乗り越えて大人の考え方ができるようになるんだから、話をすることも、息子のためだ!と言って、納得させて、息子をその場で呼び出しました。

息子は、まぁショックってのが正直なところだとは言ってましたが・・・息子の出した結論は
「とりあえず、俺たちが出て行くしかないと思うんだけど、すぐに住むとこも見つけられるワケじゃないし、でも、できるだけ早く別居ができるようにするよ!でも、今のオカンの体調や精神をどうにかすることが先決だし、それは、一緒にいたら悪化するだけだから・・・・こたこたチャンが、イイって言ってくれるなら、しばらく、こたこたチャンちでお世話になった方がイイと思う」でした。

あたしも、とりあえずは、嫁と離れて、体と心を戻すことが先だと思うし・・・
ちょうど、母親が施設に入居しているので、母の部屋が使われないままになっているので、そこを使ってもらうことにして・・・
てか、姉にとっては、この家が「実家」ですからね・・・里帰り・・・とは、また違いますが、うちが受け入れることは自然なことですよね。


それで、もう、その日のうちに、荷物を取りに行って、そのまま姉は、こたこた家にいることになりました。

やっぱり、体調は、日増しに元に戻ってきてて、動悸やめまいなんかは、すぐになくなったようです。
でもまだ、必要な物を、自宅に取りに行ったりすると、胃が痛くなったり、気持ち悪くなったりするようで・・・お正月が明けた今日、仕事に行きましたが、ココに帰ってくるつもりのようです。

なんだか、ドタバタの年末でしたけど、考え様によれば、あたしは、旦那チャンが仕事で、一人寂しく年末年始を過ごさなければならなかったところ、姉と一緒だったし、
今年は、妊婦だし、母もいないので、おせち料理もしない予定でしたが、姉が作ってくれるということで、おせちも食べることができました。

相談された時は、あまりの嫁の強烈さに、胎教に悪~と思ったのですけど・・・特に、ここに何か言ってくるワケでもなく、おもしろおかしく姉妹で過ごしているので、それはそれで、良いのではないかと思っています。


しかし・・・・嫁に負けた姑。。。

この先、大丈夫かしら。。。



にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症で妊娠へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みふぃ
2012年01月07日 01:53
うわー、お姉さん心配ですね。。。
自分の家なのに帰宅拒否症状って。。。
ホント辛すぎます。

というか、その嫁!!
すごいですね。。。
きっといいところもいっぱいあるから結婚に至ったんでしょうが、
それでも。。。遠慮や気遣いないですね。

お姉さんの体調が早く回復するといいですね。
こたこたさんも、せっかくなので期間限定の
姉妹生活楽しんじゃってください
acco
2012年01月11日 23:38
はじめまして。突然すみません。
「バイアスピリン」で検索していたらたどり着いて、
同じような方がいらっしゃった!とついコメントを残したくなりました。
私も16週でバイアスピリンを止めると
言われとても不安でいます。今15週です。
同じく不育症検査結果は不明で、念のためで飲んでいます。
16週以降特に問題なく過ごせていますか?

またちょこちょこお邪魔させていただきます^^
よろしくお願いします。
2012年01月12日 10:36
みふぃさん

可愛らしい子だな~と思っていたのですが・・・
その可愛らしさも打ち消されるほどに、遠慮も配慮も謙虚さもない子でした。
姉は、ずいぶん落ち着いてきて、明るく過ごしていますが、一時帰宅をすると胃が痛いとか言って戻ってきます。
息子達もアパートが決まったようなので、近々別居となるので、もう少しの我慢です。
姉がお休みの日は、食事を作ってくれてるので、あたしは助かってますが・・・
2012年01月12日 10:46
accoさん

コメントありがとうございます!
そして、accoさんも妊娠継続できてるんですね~おめでとうございます!
不安な気持ち、ものすごくわかります!!!

あたしも16週でバイアスピリンは容赦なく切られてしまいましたが、その後も何事もなく順調に成長してくれてます。
accoさんも、もう少ししたら、胎動がわかるようになると思いますが、そうしたら、ぜんぜん安心感は違ってきます!
それまでは、ほんと生きてくれてるのかどうか、ホント毎日毎日が不安でした。
不育症だと、生まれるまで不安は尽きないんだと思うのですが・・・頑張りましょう!

更新も気まぐれですが、時々、読んでくださると嬉しいです!
これからも、よろしくお願いします