安産祈願(17w5d)

先日、12月21日の戌の日に、安産祈願へ行ってきました。

行った先は、以前に、子授けのお参りに行ったお寺。
四国霊場八十八ヶ所 61番霊場『香園寺』(こうおんじ)
このお寺には、赤子を抱いたお大師様があります。
地元では、「子安さん」という愛称で呼ばれているお寺。

子授け、安産には、わりと有名みたいで、県内外から、祈願に来ているみたいです。

あたしが行ったこの日も、妊婦さんがいっぱい。
一日に何度の御祈祷をしているのかわかりませんが、あたしは午前11時20分からの予約でしたが、あたしの前にも後にも、御祈祷の場は設けられていました。

あたしと同じ組には、妊婦さん8名がいました。

前の組から時間が押していて、15分ほど遅れて始まりました。

子安さんのさらしは、どうしますか?と聞かれたのですが、持参した妊婦帯での御祈祷をお願いて、さらしは購入しませんでした。


人数が多いからといっても、省略することなく、丁寧に一人一人の御祈祷をしてくれました。

お守りの説明も丁寧で・・・・驚いたのは、いただいたお守りの包みの中には、お札が2つ入っているそうで、妊娠中は、開封しないで、お守り袋に入れたまま帯に挟んでおいて、陣痛が起きたら包みを開封するのだそうです。
そして、中に入っている6つの文字が書かれたお札の一番上の文字を手でちぎって、飲んでください!と言われました。
お産が軽くなるように、お大師様が守ってくれるのだそうです。

こちらが、いただいたお守りと、お守り袋
画像

このお守り袋ですが、さらしの腹帯の場合は、巻いたさらしの間に、お守りをそのまま挟むらしいのですが、ガードルタイプやベルトタイプの場合、子安様のさらしがないので、同じさらしで作ってある袋でさらしの代わりをしてもらうのだとか。。。
子安大師様の姿が、プリントされています。
子安さんのさらしの場合は、さらしに、これと同じ物がプリントされているそうです。


家に帰ってから、妊婦帯を装着してみましたが・・・・
まだ、付けなくてイイんじゃないの?と思う感じでした。

お隣の奥さんが、戌の日のお祝い!と、カワイイ花束を持ってきてくれて、その時に、帯なんてまだ付けなくて大丈夫なんじゃないの?と言ったら・・・・・
「昔から伝わってきてることには、やっぱり何かしら意味があるのよ。この5ヶ月の戌の日に着帯ということになったのも先人の何かの知恵や経験から始まったことなんだろうし、しんどくない限りは付けてみてた方がイイと思うけど」
と。。。。
こんなことを言ってくれたお隣の奥さんは・・・実は、実家が神社!そうです、神社の娘さんなのですよ。
なんだか、それだけで説得力あるよな~と思い、素直に言うこと聞いて、苦しく感じない間は、巻いております。


しかし・・・・このあたしが、腹帯を巻く日が来るなんて、想像もできませんでした。

こんな日が来るなんて、夢みたいです。

このまま、ほんとこのまま、無事に顔を見せてくれることを願うばかりです。。。



にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症で妊娠へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年12月23日 11:50
戌の日をお迎えできておめでとうございます!!私も昨日のことのように思い出します♪ほんのちょっとだけどおなかもでてきたんじゃないですか??うれしいですよね♪
腹帯は日本だけなんていうけど、だって日本人だもん!儀式にのっとってちゃんとやりたいですよね。保温にもなるし、苦しくなければつけてくださいね♪
ちなみに私は苦しくて数回しか使わなかった…しかも逆子なので腹帯はしないでねって言われちゃいました~。産後に使おうと思ってしまってあります!
2011年12月25日 14:12

チャアさん

ありがとうございます!
腹帯つけてますよ~(笑)
ゆるめに・・・でも暖かいので毎日つけてます。

お腹は、あたし出てくるのが早かったみたいで、どう見ても出てきてます。
友人が産婦人科のナースですが「何週だっけ?やっぱ大きいなぁ・・・」といつも言ってます。
後ろから見ると普通らしいので、前に出てくるのかもしれません。
そして、ついに、胎動らしき感触も感じるようになりました。
なんだか嬉しくて、幸せです。