次の周期もお休みします

次の周期は、治療をお休みすることにしました。

だんなチャンとも話をしたのですが・・・一瞬で終わりました。
「こたこたが思うように進むことが一番!オレは、それと一緒に進むだけ!」
という意見で。。。

あたしの精神状態は、落ち着きを取り戻してるように思います。

だけど、もうすぐ、母の介護認定の結果が出るわけですが、デイサービスの利用を始めるにしても、やはり、それまでの手続きやら準備なんかが、多かれ少なかれあると思います。
行き始めての母の様子なども、また気になるところだし、行ってくれたから楽になれるかどうかも、行ってみないことにはわかりません。

そちらにも気を遣って、そして、自分の通院やら注射やら・・・きっと大変です。
何もなくても、負担の大きい治療周期ですものね。。。

もともと、先生からも、1周期は完全にお休みして、次は自然周期でやってみては?と言われていたので、先生の言うように従ってみようと思います。

新しい周期に入っても、排卵までには時間があります。
その間に、また、状況や感情も変化があるかもしれません。
あまり考えないで、その時その時、自分が思うように動いてみようと思います。

治療はお休みしますけど、ベビ待ちについてはできることあります。
それで、頑張ってみようと思います。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年03月03日 01:25
なかなかコメントできてなくてごめんなさい
色々と大変なことが多く、こたこたさんも疲れて不安定になってしまったんだすね。
親という近い相手だからこそ、沸いてくる感情もあるでしょうし
私はまだ介護という問題に直面していませんが、以前自分の仕事等で疲れきっていた時、ちょっとしたことで親にイライラしてひどい言葉を言ってしまったりしたことがあります。しばらく仕事をお休みして落ちつきましたが。
こたこたさんも、自分が楽になれるように、完全にお休みする時間が持てるようになるといいですね。使える制度や、兄弟等。こたこたさんの負担が少しでも軽くなるといいんですが。
2010年03月03日 11:13
みふぃさんへ

みふぃさんも忙しい毎日を過ごしているのに、コメント書いてくださって、ありがとうございます。
嬉しいです。
実の親になると、両方の遠慮がないのと甘えがあるのとで、そのへんが大変です。
うまく回らない時は、全てがうまくいかない気がします。
こんな時が永遠に続くわけじゃないし、やり過ごしてしまえば、また落ち着いて楽しめるような日も来ると思って、過ごしていってみようと思います。
そらママ
2010年03月03日 12:09
自分も楽になれるように、こたこたさんの思うように時間が運びますように。
お休みの周期は体調を整えることもできますし、ベビ待ち中でも出来る事ってありますよね。
私はダイエットと貧血改善と、数えたらきりがありませんが頑張ろうと思います。
お母様とデイサービスの相性がいいことを祈ります。
カフェらて。
2010年03月03日 18:44
少し落ち着いてきたとのことで何よりです。
ご主人様の言葉、とても励まされますね!一緒にって、嬉しい一言ですね。
ベビ待ちのためにできること、たくさんありますよね。私も「こたこたさんも飲んでるんだなぁ」なんて思いつつ、ルイボスティー飲んでる時があります。
2010年03月03日 19:54
そらママさんへ

ありがとうございます。
デイサービスは、母が働いていた病院にある施設に行くことになると思います。
職員さん達も知ってる人が、まだまだ残っていて、是非来てくださ~いって声かけてもらったりしてるので、行ってくれれば、あとは大丈夫と思っているのですが・・・それも、行ってみると撃沈なんてことになると凹みも大きいので、期待をしすぎないようにしてます。
あとは、自分のこと、精神的にも肉体的にも安定が保てるように・・・治療しなくても、ぷりぷり卵チャンが育ってくれるように努力してみようと思います。
2010年03月03日 20:02
カフェらて。さんへ

ありがとうございます。
ブログ以外の場面で、あたしを思い出してくれてるなんて、とっても嬉しいです
ルイボスティ飲んでますよ~。それも、ぷりぷり卵チャン作るため!続けることが何よりだな~って思ってます。
一緒に歩いてくれてるだんなチャンには、ほんと感謝しなきゃですよね。
ついつい、そのことを忘れて、あたしだけが・・・って思いがちになるんですけど、忘れちゃだめですね。
一緒にいてくれて、支えてくれてる人がいるからこそ、頑張ってられるんですよね。