母と入浴

1月の終わり頃、背骨を傷めた母(その記事は→こちら

それから、痛くてお風呂に入れないと、1週間、お風呂に入りませんでした。
その後、診察に行った時に、先生に、お風呂に入らないと伝えたのですが、
「お風呂は、ぜひ入ってください。少し、体を温めて、血の循環を良くした方がイイですから」
とのことで・・・・

それでも母は、なかなか入らず、やっと入ってくれても、お湯につかるだけで出てきたり。。。

それから、時々は入っていたのですが、体を洗っているのかどうなのか・・・
頭は洗ってないのは、見てわかるほどに汚れて、臭いも出ていました。

どうにかならないかな~と思案し続け・・・・

だけど、いつも、お風呂はどうするの?って聞くと
「今日は、入らん!しんどい!もう寝る」ばかり。。。

そして、昨日の夜、食事をしながら
「お風呂、どうする?」
「しんどいし、やめとく」
「お風呂で温めてみたら、しんどいのも治るかも」
「いや。お風呂に入ったら、気持ち悪くなったらあかん」
「そんなに体調悪い?お風呂に入ったら、気持ち悪くなりそうなん?」
「そうじゃないけど、もし、動けんようになったら、わからんやろ」

ん???
お風呂に入りたくなのではなく、もしかして、お風呂には入りたいけど、入るのが不安?

と思ったあたし。。。そこで言ってみたのです
「じゃぁ、一緒に入ったら、入れる?」と。

そしたら
「一緒に入ったら、何かあっても安心やねぇ」と。

「そしたら、今日は、あたしが一緒に入るから、それなら入る?」
「そうしてもらえるなら・・・」

ということで。。。一緒に入りました。
あたしも、母が、どこまで自分で入浴ができているのか確認しておきたかったこともあって、良い機会だったと思います。

母は、嬉しかったのか、お風呂に入っている間、ずっと、ご機嫌サンで話し続けました。
自分のお風呂の手順を、説明しながら、しんどさも感じてない様子で、ハイテンション。
あたしの予想をしていなかった反応でした。

そして、ずっと洗ってなかったと思われる頭。
そこだけは、あたしがシッカリとゴシゴシ洗いました。
あとは、迷ったり、混乱したりすることなく、淡々と自分で手順良くできてました。

お風呂を上がって、体を拭いて・・・・
風邪をひくといけないので、頭もドライヤーで乾かしました。

母は、「あ~サッパリした!気持ち良かった!」と繰り返し。。。
風呂場を出ていく時には、めったにあたしに向かって発することのないセリフ
「ありがとう!」と。。。子供のような素直な笑みを浮かべて。

ここ何年も、こんな素直に「ありがとう」と言われたことがなかった気がします。

お風呂に入らないことで、毎晩、いやな空気の流れる会話をしてきましたが、母が入らなかった理由もわかったし、一つ問題が解決された気がします。

「ありがとう」
この母からの一言。
なんだか、涙が溢れてきて・・・嬉しかったです。ほんとに。

イライラとするばかりの母。。。
それにまた、イライラする自分。。。
言いたい放題の母。。。
それに優しく接することができない自分。。。
あたしには、笑顔も見せない母。。。
「親の面倒を見るのは当然!私は、あんたの親なんだから!」と言い放たれてからというもの、怒らせないためだけに努めてきたあたし。
そうなると会話をすることも、避けてしまいがちになり。。。
この先、どうなっていくんだろ~って・・・あたしは、この母親の最期まで耐え続けられるのか?と不安になるばかり・・・

母からの「ありがとう」何より、心に響いた気がしてます。

これまで、あたしが母と一緒にいること自体、間違いだったのだろうか?
なんて、後戻りができないことをクヨクヨと考えることもありましたが、なんだか、うまく表現できないのですが・・・
昨日の「ありがとう」で、全てが報われた気がしました。

予想外に喜んだお風呂。
こんな調子で入ってくれるのなら、あたしは今日も一緒に入るつもりです。
ずっと、機嫌良く入り続けてくれるとも思っていませんが、母が、一緒に入ろうとする日は、できる限り続けようと思います。



にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

カフェらて。
2010年02月04日 17:27
「ありがとう」に私も感動してしまいました。
お母様はこたこたさんにハッキリお礼を伝えたいくらい嬉しかったんでしょうし、お風呂に対する不安も相当あったんですね…。不安が解消されたことはもちろんですが、こたこたさんの優しさがお母様に伝わって、それが言葉となって返ってきたのだと思います。
うまく言えませんが…、ほんとによかったですね
2010年02月04日 19:43
記事を読ませてもらっていたのにコメントするのが遅くなりましたすみません!
まず、今期の結果残念でした気付いたのが金曜日だったからとか、病院が診察をやっていなかったからとか。。。色々と後悔してしまうようなタイミングの悪さもあったかもしれません。でも、それはきっと関係ないですよ!自分を責めたりしないでくださいね。きっと今回は何かを伝えるために来てくれたのかもしれません。
こたこたさんの場合、自然周期の方が妊娠しやすいとかあるのかもしれませんね。私がそうだったので。。。自然周期の方が卵子の質が良い人もいると言います。本当のところは誰にも判らないけど、こたこたさんが進む方向が見つかるといいですね。

また、お母様の「ありがとう」の言葉は、すごく嬉しいですねお母様も、心から嬉しかったに違いありません。こたこたさんは優しいですねそんな優しいこたこたさんに、幸せが訪れることを私も願っています。
2010年02月05日 09:32
カフェらて。さんへ

「ありがとう」ほんとに嬉しかったです。
お風呂は、かなりの不安があったみたいです。
でもプライドが高い母なので「不安」ということが言えず、しんどいとか、痛いとか、グズグズ言うことしかできなかったのでしょう。
昨日も「お風呂入るよ」って声かけたら、サッサと準備してきましたよ(笑)
昼間も、心なしか機嫌良く過ごしてる気がします。
2010年02月05日 09:41
みふぃさんへ

今回は、ほんと残念でした。でも、みふぃさんがおっしゃるように、今回の子は、病院とあたしの繋がりというものを強くしてくれる役目だったと思います。
自然周期には、とっても不安があります。
卵が育ちにくいという体で、大丈夫なんだろうか?って思うんです。
次、リセットしたら、そのことも先生に相談に行って、納得できる方向を定めたいと思います。

母から「ありがとう」って素直に言われることは、あまりないので、ビックリしてしまったのですが・・・だけど、嬉しくて、だんなチャンに報告しながら泣いてしまいました。
これから、どんどん、いろんなことがわからなくなっていく母・・・できるだけ、手がかからない内に、ベビちゃんに来てもらいたいものです。
2010年02月06日 09:00
ありがとうの一言で、報われたり、やるきになったりと不思議な言葉ですよね。普段、文句やえばっていても、ありがとうの一言で頑張れちゃう自分。
お母様もお風呂のあまりの気持ちよさに、心もほぐれ言いたかった一言がすんなりでたのかもしれませんね。本当はいつもいいたいなと思っているのに、口から出る言葉は激しい言葉や冷たい言葉、これって本人も傷つきながら言ってたりするんだそうです。(本に書いてありました)心に余裕がないと、こちらも「なによ!!」と言いたくもなりますが、言って許しあえるのが血のつながった親子のいい所でもありますよね。
いつも、本当にお疲れ様です。
2010年02月06日 09:31
そらママさんへ

ありがとうございます。
ほんと、そらママさんのおっしゃる通りだと思います。
お風呂に二人で入ってからというもの、母に笑顔が戻った気がしますし、昼間に会話しててもイライラした感じがなく、心も解れたような表情で話をするようになりました。
体も温めて、血の回りも良くなったことで、体の痛みが和らいでいることも、精神の安定を保ってくれてるかもしれません。
これまで、いろんな人のいろんな場面で「ありがとう」は聞いてきましたけど、この母の「ありがとう」は、初めて聞いたような違った響きを感じました。
不思議な「ありがとう」でした。